荒井好一郎建築設計室が行う仕事の内容と流れ
住まいづくりやA+Aの設計に関する相談は無料です。事務所へおいでいただければ、過去に設計した現場風景や完成写真をお見せし、設計に関する詳細な考えをお話しすることができます。
もちろん、電話やメールでのご相談でも構いません。
またタイミングによっては、進行中の現場や完成見学会へお誘いすることもできますので、気軽にお問い合わせ下さい。
設計相談を踏まえた上で、A+Aに一度提案してほしいと思われた場合、基本設計提案契約を結ぶようにしています。
これは敷地・住まい調査と基本設計提案までの契約で、基本設計提案をご覧になった段階でデザインの方向性や考え方が合わないと思われた場合には実施設計を依頼せずに済み、早い段階で相性を確認できるというメリットがあります。
提案料金は規模に関わらず一律150,000円(税別)で、設計監理契約を結んでいただいた場合は、設計監理料に含みます。
設計作業を伴わない簡易な調査や検討については無料でお引き受け致しますので、ご相談下さい。
敷地調査へは、可能であれば建て主様にもご同行いただくようにしています。実際に、その敷地や周辺環境にどのような印象や思いを持っていらっしゃるのかを確認したいからです。
その他、風向き・採光・敷地形状・眺望など与条件の調査と共に、役所に出向き法的な調査も行います。
また普段の生活状況や持ち物を把握するため、現在の住まいを見せていただく「住まい調査」も行います。
私たち設計者が図面を通して行うのは表面的なデザインの提案だけでなく、生活の仕方やライフスタイルの構築に対する提案でもあり、その為にはこのような綿密な調査を欠かすことができませんし、建て主様との対話も非常に重要な要素となるのです。
調査に合わせてご記入いただく「住まいの設計調書」とご依頼主様との対話を基に、基本設計を検討致します。
基本設計では、敷地及び周辺環境考察・配置計画・立面計画・断面計画を行い、A3用紙数枚の提案書にまとめ、概算見積書及び模型と共に提出致します。
提案時にご意見を伺い、必要に応じて基本設計の修正作業を行います。
※基本設計契約から提案までは1〜1.5ヶ月程度が目安です。
基本設計を気に入っていただき、実施設計依頼をいただける場合は「設計監理業務委託契約」を結んでいただきます。
A+Aでは設計業務だけでなく監理業務委託をご一緒にご依頼いただくことを基本としており、建物の質を保つ為にはこの部分が肝心です。意図の詳細は契約前に行う重要事項説明時にご説明致しますので、ご納得の上での契約が大前提です。
設計監理料の金額と支払い時期については下記をご参照下さい。
床・壁・天井等各部の仕上げや詳細形状、内外建具、キッチン等の設備機器など建物の詳細を決めていき、工事見積もりを行うための実施設計図を作成します。この間、建て主様とは3〜4週間に1回のペースで打ち合わせを行い、要求事項や想いを確実に反映させていきます。この実施設計図が工事用の設計図となるので、建物の品質を決める重要な作業です。
実施設計期間中に行う地盤調査の費用(税別30,000円程度)は設計監理料には含みませんので、別途お支払いいただきます。
※実施設計期間は3〜4ヶ月が目安です。
作成した実施設計図を基に、建設会社へ見積り依頼を行います。当社設計物件の施工実績のある会社数社による相見積もりを基本としますが、優秀な施工業者の新規開拓にも力を入れております。また予算やスケジュール的な問題から、1社に絞った特命見積りという形式 を採る場合もあります。いずれにしても建て主様との相談の上で決めることになります。
建て主様のお知り合いの会社での施工というのも経験がありますので、ご要望があればお申し付け下さい。
提出された見積書の金額がご予算をオーバーしている場合は、建設会社へ内容確認を行い、設計変更を含めた減額調整を 行います。A+Aでは、ここからが設計作業と同等に大変重要な作業だと考えております。
大元にあるコンセプトが崩れてしまうようなことにはならないように、設計者は専門家として、適切に慎重に建て主様の 取捨選択を導くことが大切です。これは非常に辛い作業なのですが、設計者の視点で言いますと、この作業によって住宅 が本当にその住まい手らしいものとして洗練されていく気がするのです。
辛いこと楽しいことを乗り越えて、その住宅は本当の意味で住まい手のものであると言えるものになっていくのです。
※見積調整期間は1〜2ヶ月程度が目安です。
工事金額がまとまり施工会社が定まりましたら、建築確認の申請書類・図面を管轄役所又は確認検査機関に提出致します。
この際支払う確認申請手数料は設計監理料には含まれませんので、別途お支払いいただきます。
建て主様は施工を請け負う建設会社と「建設工事請負契約」を締結することになります。
その際、建て主様にとって不利益になるような事が無いように、A+Aが工事金額・工事期間その他契約書の内容を専門 家としてチェックし、契約がスムーズに行われるよう取り計らいます。
地鎮祭→着工→基礎工事→建て方→各部施工→建設会社自主検査→設計事務所・施主検査→不具合修正作業という手順で 施工が進みます。週1回設計者と施工者の定例打合せを設けることを基本とし、よりオープンで透明性の高い家づくりを 目指す為、ご都合が付くようでしたら建て主様の参加も奨励しております。
建築工事は人の手で行うもので、不測の事態などは付き物です。そのような場合においても、建て主様の利益と想いの担保を第一に考えて工事業者との調整作業を行います。 また現場進行に合わせて使用する材料の色や仕様の最終確認を建て主様と行い、建物がより良くなるように尽力致します。
※工事期間は建物規模や難易度によって異なりますが、新築工事でおおよそ5〜6ヶ月程度です。
最終的な不具合修正作業や補修工事等が終わりましたら、管轄役所又は確認検査機関の完了検査を受けます。
この際支払う完了検査申請手数料は設計監理料には含まれませんので、別途お支払いいただきます。
(床に無塗装の無垢フローリングをした場合には、工事の最後に建て主様と一緒にワックス掛け作業を行っております。)
建て主様には、各業種からの取り扱い説明を受けていただき、取扱い説明書・各業者連絡先リスト・確認申請書等の各書 類と共に玄関・勝手口等の鍵をお渡しして引き渡し完了となります。
建物完成時には、建て主様のご許可をいただければ完成見学会を開催させていただきます。
竣工後丁度1年に当たる時期に施工者と共に点検を行うことを原則としております。A+Aでは造作材や建具に無垢材を 使用することが多いため、木材の乾燥や生活環境からの影響による変形が各部で必ず出ます。それを修正する為には1年 後の点検及び補修作業が重要になります。
建物は完成しても住まいが生き続ける間はずっとお付き合いが続いていきます。不具合を感じる部分が出てきたり、追加 工事等が必要である場合は、その都度施工業者と協力して対応していくことになります。
住まいの主治医として建て主様の生活を支えていけたらと思っています。
設計監理料について
本来、設計監理料は国土交通省告示第十五号に示される報酬基準に基づき決定することができるのですが、この通りに 算定するとかなり大きな金額となり、残念ながら現実的とは言えなくなってしまいます。参考までに算出してみますと、 38坪程度の詳細設計が必要な戸建て住宅における実施設計業務と工事監理業務を合わせた報酬金額は294万円となり、 しかもこの金額には会社経費・技術経費が見込まれていないのです。そこでA+Aでは設計する建物の工事費に料率 を掛けて設計・監理料を算定するようにしております。
料率は、おおよそ10〜15%だと考えて下さい。(新築工事の場合の最低設計料は税別150万円です。)
厳密には構造・規模・難易度によって変わってきますのでご相談下さい。
※設計監理料の支払い時期は、設計監理契約時30%、実施設計完了時40%、工事完了時30%を基本とします。
※上記料率で算出される設計料には、「地盤調査費用」、「確認申請及び完了検査申請手数料」は含みません。
 また、構造設計者による構造計算が必要となる建物の場合の「構造設計費用」も含みません。
※フラット35や長期優良住宅等の申請に付随する書類作成及び申請作業料はオプション業務となり
別途費用をいただきます。
一部の住宅メーカーの広告で、設計料無料という文字を目にしますが、必ず設計作業を行っている人間は存在しており、 その経費が0ということはありえません。そして設計・監理は建物をつくる上での最重要作業で、最もお金と労力を注ぐ に値する部分です。設計・施工・コストにおいて透明性のある住まいづくりを行うために、今一度「設計・監理」の重要性を考えてみて下さい。
A+Aが設計する建物の工事費について
過去に設計した建物の坪単価(設計監理料も含む)は、60万円/坪〜80万円/坪が基本価格帯で、その設計内容により幅が あります。坪単価は結果としてのものでしかなく、建設工事費もいわゆる「時価」ですから、同じ設計の建物でも建設時期 が違えば工事費は違ってきます。全てオリジナル設計の一品生産ですから、坪単価はあくまで目安として捉えて下さい。 各物件で仕様やつくり方に違いがあり、それが金額差になっている訳ですが、どの住宅も基礎や骨組みという構造部分の 強度・安全性は確保してあり、工事費が安いもの=壊れやすいものではありません。
木材別発注形式の採用について
富山県産材をはじめ、産地を特定した木材の使用を前提とする設計を行う場合、基本設計終了後に当社が木拾いを行い、 木材の先行発注をかけます。これは品質の確かな木材を使用するために大切な事で、木材を提供する側と購入する側の 両方にメリットがある方法です。
木材は製材業者から建て主様に直接購入していただくので、中間マージンが掛からず、適正価格で木材が手に入るという メリットもあります。一方で、発注後に大きな変更がきかない、またプレカットを前提とした場合、業者によっては 「材の持ち込み費用」が別に掛かるというデメリットもあるので、採用については十分検討が必要です。