下大久保のいえ(規格型木組住宅「komorebi」)
■建築場所:富山県富山市
■敷地面積:231.57㎡ ( 70.06坪)
■建築面積: 63.80㎡ ( 19.30坪)
■延床面積:109.58㎡ ( 33.16坪)
■構造規模:木造軸組構法・2階建て
■断熱仕様:UA 値 0.69 W/(㎡・K)≦基準値0.87
      ηAC値 1.80 %      ≦基準値3.00
■竣工年月:令和3年5月
■施  工:株式会社WARMTH坂口工務店

この建物は、規格型木組住宅「komorebi」のモデルハウスとして建設されました。
高いデザイン性と伝統木組み技術を融合した高品質な「本物の木の家」を如何にして合理的にエンドユーザーに提供することが出来るか?A+Aと坂口工務店がタッグを組んで本気で考えた住まい、それが規格型木組住宅「komorebi」です。

◆特徴1:企画・設計から施工までしっかりと2者共同で行います。
◆特徴2:富山県産材を構造材と仕上材にふんだんに用いて、大工職人の手刻みを活用した木組み構造を採用します。
◆特徴3:構造架構を一定とした規格型住宅として展開しコストダウンを図ります。
◆特徴4:職人技術の未来への継承の役割を担う可能性を持っています。

富山の森林資源と職人の技術をふんだんに用いてつくり上げた、富山の気候風土に根差した五感で感じる「本物の木組みの家」をより多くの方にお届けするために、坂口工務店さんと共に販売普及に努めてまいります。